組合概要
組合活動 会員企業
調査診断・設計監理実績



コンサルタント業務
相談から工事まで
調査・診断


ドローン診断


よくある質問Q&A
お問い合わせ・資料請求


求人情報




FAQ


どのような状態になれば、外壁の塗り替え及び改修が必要なのですか?

一般的に、建物経過年数10〜15年程度で外壁のひび割れが発生しているのが見受けられた時です。建物の種類にもよりますが、年度ごとに外壁の状態をチェックしてみるのもよいでしょう。


手抜き工事又粗悪材料を使われないか心配なのですが?

まずは、ご依頼されている会社がどのような業務体制で営業しているのか、会社内容をチェックしてみましょう。 例えば、メーカー・施工業者連盟の保証書等をきちんと提出できるかなどがポイントです。


長期修繕計画について教えてください。

管理組合は、計画修繕の基本となる「長期修繕計画」と「修繕積立金」を適 切に確保するとともに、様々な考え方を持つ所有者の合意を形成し、実施に向 けた組織づくりを行うなど、円滑な計画修繕の実施に取り組むことが必要となります。
当組合では、そのための点検や診断、グレードアップのための提案など総合的にお手伝いいたします。


掲載していないご質問がある場合

お問い合わせページからお気軽にお問い合わせください。







広島県外壁補修工事業協同組合 〒730-0013 広島市中区八丁堀1番12号 TEL:082-227-1224